東京 品川区で起業!経営者が絶対知るべき資金繰りと銀行融資・創業融資と銀行対応



起業したら創業融資?日本政策金融公庫?信用金庫?!

経営者のほとんどが手探りから始まる資金管理


経営者の皆さんは、本業について業界知識と経験、センスや感覚・自信といった要素をそもそも兼ね備えているわけですが、「ヒト・モノ・カネ」といった経営資源の管理運営についてはどうでしょうか?


最初から豊富な経験を持って始める方は少なく、どちらかといえば手探りで不安のなか、徐々に経験を蓄積しやりくりしている方がほとんどではないかと思います。


特にお金の管理面では、設備投資や運転資金など金融機関の担当者と折衝することも必要になり、数字分析・計画書作成といった専門性も相まって苦手とする経営者が多い分野です。


「銀行の担当者と話をしてもいまいちポイントがわからない」

「求められる資料などが難しい」

「とりあえず話を適当に合わせている」


という声が多いです。


また、金融機関と良い関係を作りたいと考えている経営者でも


「関係構築していく方法がそもそもわからない」

「小さな事業では相手にしてもらえないのではないか」


など、様々な場面において苦手意識がうかがえます。


でも、もし銀行が味方になってくれる関係を築けたらどうでしょうか。


こちらからも銀行からもわかりやすく話しができて、お互い好意的にできる限り協力してくれる関係を構築できたら、これほど心強いことはないでしょう。この先景気の荒波や業界の落ち込みにより業績が悪化してもちゃんと相談できて、協力して貰えるような関係性は経営における大きな強みです。


「銀行は晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、確かに結果的にこの言葉のようなことが生じる場合もあります。でもその場合、往々にしてその過程つまり日常における資金管理・金融機関対応に時間を費やしていないことが少なくありません。資金管理・金融機関対応は少しの知識をもって互いに費やした時間とともに実績を作っていくことが重要になります。 


苦手意識、でも資金管理は最重要項目


事業や会社を経営していくための「資金管理」は最重要項目の一つです。

ですが、多くの中小企業経営者は、「資金管理」に対して取り組み方がよくわからず苦手意識を抱いてしまいがちです。

中でも金融機関から借入や返済を中心としたいわゆる銀行対応はその傾向が強く


「人に聞きづらくとりあえず返事している」

「あまり考えずなんとなく対応している」

「顧問税理士に言われるままに対応している」


といった方がとても多いのではないでしょうか。


今の世の中、事業資金のやりくりは本当に難しいものです。ですが、資金管理は経営者にとって最も重要だといっても過言ではありません。そして、銀行対応はその中でも特に大きなウェイトを占める事項です。

会社が継続するためには何よりも資金が必要です。どれだけ赤字でも、外部環境が悪くなっても、お金が途絶えなければ会社は継続できます。挑戦し続けることができるのです。





事業にとって銀行の存在は必要不可欠!


資金管理を計画的・持続的に機能させるために重要なウェイトを占めるのが金融機関=銀行の存在です。必要に応じて資金協力が得られる外部の存在はとても大切です。


また、資金管理のレベルを高めていくとき、様々な外部情報の提供や資金繰りの定期確認も行ってくれる都合の良い存在になってくれます。

銀行を味方にすることは事業継続の大きなポイントなのです。だからこそ、銀行対応は経営者にとって大事な任務であるし、これは別の人に任せっきりというわけにはいかない業務なのです。



銀行対応のイロハのイ!


「いつでも協力体制を取って貰える関係構築」を目指した銀行対応の第一歩は「銀行対応を始める前から始まっているのです!」


Q 銀行対応の第一歩。まずは何から始めてみる?


まずなにをしていいのかわからない、そう思っている経営者の皆さんは結構多いと思います。関係づくりをどう表現していけばよいかということであり、それはまず自分を知っておかねば何も表現できません。自分を知るというのは事業における最低限の数字を頭に入れる必要があります。数字の苦手意識はなかなかとれるものではありませんが、こればかりは避けて通れないし、これを理解しておかないとお金の管理と直結するわけでとんでもないことにさえなってしまいます。


まず前提として今の自分の事業ステージを捉えておく必要があります。

具体的には業歴と売上や利益や資産といった会社規模を捉えてみます。

そして次に現在お付き合いのある銀行があるかどうか、事業で使用している口座も含めて確認したいところです。

まずは自社の貸借対照表および損益計算書3期分をしっかり捉えましょう。 




銀行といってもいろいろあります


一口に銀行といっても実はいろんな種類の金融機関が存在します。

例えば、巨大グループ銀行であるメガバンクなどの都市銀行・地域に根付く地方銀行、政府系といわれる商工中金や日本政策金融公庫、地域に密着した金融機関という括りでは信用金庫や信用組合というものもあり、それぞれ何が違うのかと疑問に思ったこともあるのではないでしょうか。