新宿区で創業すると利用できる創業融資(あっせん)とは?4-4

前回は、申し込みの流れをご覧いただきましたが、融資の実行まで非常に多くのステップを踏まなければならず、相当の時間がかかるという事もご紹介させて頂きました。

さて、今回は審査が通って紹介状が交付された後の流れをご紹介します。

新宿区の審査が通り紹介状が交付されたら、ご自身で新宿区の借入希望金融機関窓口へ行き融資の申し込みを行います。

銀行によっては支店等の方針により創業期の事業者を対象としていない場合もありますし、創業予定の場所から遠い銀行へ相談へ行くと不審に思われ、予定外の書類を提出させられることもあります。まずは事業を行う場所から一番近い銀行に行き相談することをオススメします。


制度融資取扱金融機関は下記PDFの11ページをご確認ください。

リンク→https://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000270441.pdf

新型コロナウイルスの影響もあり、当初の創業計画から大きく計画変更を余儀なくされる事も多く、何から手を付けたら良いのかわからないことも多いかもしれません。


その場合新宿区での創業に強い税理士などに相談するなどして、まずは創業計画の見直しを行ってみてはいかがでしょうか?無料相談を行っている税理士も多いので、ぜひ活用してみてください。


次回は豊島区で創業すると利用できる創業融資(あっせん)とは?シリーズとなります。

>>>創業融資の無料相談はこちら