品川で創業融資受けるなら日本政策金融公庫がおすすめ!

最終更新: 2019年6月29日



創業時に融資を受けたいのであれば、創業者への融資件数が日本一、かつ、無担保無保証の融資枠でも優れている日本政策金融公庫がおすすめです。


しかし、その日本政策金融公庫も、いつでも、だれにでも融資を出してくれるわけではありません。


あなたに貸した融資について、返済が厳しいと判断されれば、融資を受けるのは難しいでしょう。


多くの社長が、資金繰りが悪化してから融資を申込みます。しかし、金融機関は、資金繰りが悪化した状態を、返済の見込みに対するマイナス要因と判断します。資金繰りが悪化してからではもう遅いのです。

「銀行は晴れの日に傘を差し出し、雨の日に傘を取り上げる」という言葉がありますが、それはまさにこのような状況を指しているでしょう。


なるべく資金繰りが良く、返済の可能性が高いと判断してもらえるうちに融資の申請を行いましょう。


また、創業6ヶ月内は、融資の申請にまたとないチャンスです。通常、融資申込みの際には、これまでの事業実績と今後の計画を書面にまとめて提出する必要があります。

しかし、創業6ヶ月以内であれば、事業実績の提出は免除され、今後の計画のみで審査を受けられます。


創業1期目では、予定通り好調な売上実績を出せる会社は少ないでしょう。事業実績を提出せずに済む、創業6ヶ月以内に融資を申請し、融資調達の可能性を少しでも高めましょう。

(c) 品川起業融資サポート|東京 

運営:クローバーズ経営グループ(三輪税理士事務所)

   mail:info@cfatax.com

   東京都品川区北品川5-12-4-8F

   

三輪税理士事務所のサイト