東京都渋谷区で法人設立!渋谷区で創業した方が利用できる日本政策金融公庫の窓口と創業融資(あっせん)可能な銀行は?




新型コロナウイルスによる経営悪化を懸念し、全国で資金繰りや融資相談が始まってます。


その傍で、創業予定者などが利用したい制度はこの時期どうなっているのか気になる


方も多いかと思われますが、こちらは、現状、既存制度がそのまま受け付けられています。


ただし、優先順位がコロナ関連の後になっていることもあり、この時期かなりの時間


待たされることが予想されています。


こで今回は渋谷区で受けられるあっ旋融資についてご紹介いたします。


渋谷区内で新たに創業を目指す人、または創業した人を対象に選考を行い、創業アドバイ


ザーから様々な疑問や課題に対し個別にアドバイスを受けられる「シブヤビジネスコンサ


ルティング」事業など創業支援活動を積極的に行っている渋谷区。

①東京都渋谷区で受けられる創業融資とは


渋谷区で起業する場合の資金調達方法として大きく分けて2つあります。


ひとつは日本政策金融公庫が提供している創業融資制度です。


新創業融資制度は、新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方に無担保・無保証人


で利用できる制度です。


リンク→https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/04_shinsogyo_m.html

もう一つは銀行が窓口となる渋谷区中小企業事業資金融資あっせん制度


こちらや渋谷区内で中小企業者として創業しようとする方、又は創業して1年未満の


中小企業者が事業に必要となる運転資金及び設備資金が対象になります。


リンク→https://www.city.shibuya.tokyo.jp/jigyosha/syoko_rodo_soudan/yushijosei/sb_yushi1.html#sodan


②渋谷区で創業する事業者が利用できる日本政策金融公庫はどこにある?


創業する地域によって利用できる日本政策金融公庫の支店が決まっていることを


ご存知でしょうか?


渋谷区で創業する場合は下記支店が対象となります。

・渋谷支店

 住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-1 日本生命ビル

 電話番号:03-3464-3311

 営業時間:9:00~15:00(現在短縮営業中)

 業務区域:渋谷区全域

③渋谷区の「中小企業事業資金融資あっせん制度」の概要と主な銀行


<創業支援融資あっせん制度概要>

渋谷区の創業融資あっせん制度の概要は以下の通りです

l 融資限度額 →2,000万円以内(ただし必要額の2分の1相当額まで)

営業に供する自家用自動車は400万円まで(原則として建設業・運輸業の事業用車両を除く)

l 利率(年利) →1.7%以内(内訳:区補助1.5%、本人負担0.2%以内)

l 貸付期間 →運転・設備のいずれか、または両方同時

<融資対象者>

中小企業(法人・個人)ただし、特定非営利活動法人は対象にはならず、事業を営んでいない個人で「事業に必要な知識・経験」もしくは「法律に基づく資格」を有し、自己資金 および具体的な事業計画があり、個人または法人で区内に創業予定もしくは創業後1年未満であることが条件となっています。

また渋谷区は、平成27年10月2日付けで産業競争力強化法に基づく「創業支援等事業計画」


として国の認定を受けたため「特定創業支援等事業」による支援を受け、区が証明書を交付


した創業者は、会社設立時の登録免許税軽減や創業関連保証枠の拡大などの様々な支援を


受けることができるようになりました。


リンク→https://www.city.shibuya.tokyo.jp/assets/com/sogyosienkeikaku.pdf

ちなみに、「創業支援資金」と東京都の融資制度「創業」の要件を満たす場合、東京都より


信用保証料を1/2補助(ただし、貸付期間5年超~7年以内のものに限る)されます。


そこで「創業支援等事業」は何か?ということになりますが、こちらは創業後5年未満の人


が「特特定創業支援事業 創業セミナー」を合計5日間受講しすることで証明書の交付を受け


ることができ、法人設立時の登録免許税の軽減等の優遇を受けられるという事業です。