豊島区で創業すると利用できる創業融資(あっせん)とは?4-4

豊島区の融資制度のみならず、日本政策金融公庫の融資制度を利用する場合でも、事業計画の精度が求められ、また面談でも経営者としての人柄や資質も見られます。


スムーズに融資制度を受けられるよう、豊島区の創業融資制度に詳しい税理士や専門家に事前に相談してみるのも良いかもしれません。


以上の通り、融資の実行まで非常に多くのステップを踏まなければならないため、最短でも2カ月、通常で3カ月近く時間がかかるというデメリットがあるのは事実です。


しかも最近は、日々報道されているように新型コロナウイルスの影響で経営悪化してしまった企業からも区の融資制度を利用したい事業者が殺到しており、面談の予約がなかなか取れない上に、窓口も非常に混雑しているという状況も報告されております。


そのため、融資の実行まで相当な時間を要することを覚悟しなければならなず、創業時期の見極めが大事になってくるでしょう。


少しでも不安を解消するためにも、無料相談を行っている税理士も多いので、ぜひご自身に合ったやり方を見つけ創業を成功させてください!


>>>創業融資の無料相談はこちら