豊島区で創業すると利用できる創業融資(あっせん)とは?3-4


申し込みの流れごご紹介いたします。


  1. としまビジネスサポートセンターへ申し込みを行い、区指定の相談員の面談(要予約、3回程度)を受けて、創業計画書を作成する

  2. 審査後、紹介状が発行される

  3. 紹介状を取扱金融機関へ持参し、融資を申し込む

  4. 金融機関が審査を行い、信用保証協会へ保証の申し込みを行う

  5. 信用保証協会で、信用保証の審査及び信用保証協会で代表者の面接が行われる

  6. 保証の決定を受けて融資が実行される

  7. 金融機関より区に審査結果の連絡を行う

  8. 区が金融機関を介し、利子補給を行う

豊島区の新型コロナウイルス対策緊急融資制度は以下リンクを参照してください。

リンク→https://www.city.toshima.lg.jp/122/2002141940.html

豊島区の審査が通り紹介状が交付されたら、ご自身で豊島区の借入希望金融機関窓口へ行き融資の申し込みを行います。

銀行によっては支店等の方針により創業期の事業者を対象としていない場合もありますし、創業予定の場所から遠い銀行へ相談へ行くと不審に思われ、予定外の書類を提出させられることもあります。まずは事業を行う場所から一番近い銀行に行き相談することをオススメします。


制度融資取扱金融機関は下記PDFの8ページをご確認ください。

リンク→http://www.toshima-biz.com/sozai_yuushi/shikin_shiori02.pdf


次回はスムーズに融資制度を受けられるには…をご紹介します。

>>>創業融資の無料相談はこちら