中央区で創業すると利用できる創業融資(あっせん)とは?3-4


今回は実際に申し込む際の流れをご紹介いたします。


  1. 相談予約

  2. 専門の経営相談員による面談→原則は経営者自身

  3. 必要書類の提出 必要書類→https://www.city.chuo.lg.jp/sigoto/kigyohenoyusi/kunoyusiseido/siseido.files/31histuyoshorui.pdf

  4. 現場確認→担当の経営相談員が、必要に応じて、融資申込みのあった事業所を確認します。

  5. あっせん状交付→手続完了後、電話でご連絡を受け、あっせん状と提出書類一式を商工観光課窓口で受け取る。

  6. あっせん状等金融機関へ提出→⑤で受け取ったあっ旋状と書類一式を、融資を受けようとする中央区指定金融機関窓口に提出し、融資申込みをする。

  7. 金融機関から東京信用保証協会へ保証の申込みを行う ※自分で保証協会とやりとりは行いません。

  8. 東京信用保証協会から金融機関へ保証可否が通知される

  9. 金融機関から融資が実行される

  10. 金融機関から中央区へあっせん結果報告が行われる

以上の通り、融資の実行まで非常に多くのステップを踏まなければならないため「最短でも2カ月」、通常で3カ月近く時間がかかるというデメリットがあるのは事実です。


次回はこの「デメリット」を超えていくコツをご紹介いたします。

>>>創業融資の無料相談はこちら