東京(品川区、港区)で法人設立!創業融資を申込む銀行の選び方!



音声で聞きたい方はこちら↓


東京都(品川区・港区)で創業融資を有利に進める

         銀行の見つけ方と銀行対応を整理

創業したら銀行のお付き合いは必要不可欠!


(法人設立や個人事業主として)起業したら、「事業で扱うお金を管理する銀行口座」が


必要になります。


そう、売上金の入金や経費の支払いに使う口座です。


一般的にはお店や会社の近くにある銀行で口座を作られることと思います。


そして、創業融資を受けたい場合は、そのまま口座を作った銀行に相談してみる


流れが多いと思います。。。。


これ、ほんとに良いでしょうか?


その銀行は積極的に動いてくれましたか?


事業主の皆さんは、創業したらまず成長目指して事業経営に取り組むわけですが、


創業期~5年ほどは資金繰りがとても重要になってきます。


そして、資金管理を計画的・持続的に機能させるために


重要なウェイトを占めるのが銀行の存在です。



・・・それはなぜか?


答えは、


ほぼすべての創業者が当初の計画通りに進むことは無いからです。


当初の計画を補うための「追加融資」が必ず必要な時は来ます。


そんな時、必要に応じて資金協力が得られる銀行の存在はとても大切ですし、


様々な外部情報の提供や資金繰りの定期確認も行ってくれる都合の良い存在にも


なってくれます。


銀行を味方にすることは事業の成長・安定・継続の大きなポイントなのです。


では、どこの銀行とお付き合いするか



これは経営者にとって大事な任務であり、経営者自らがやるべき大切な業務です。



創業融資は2回目以降の融資を意識して銀行を選ぶ!


ほとんどの方は、創業融資に取り組むとき「今回いくら借りられるか」のみが関心事


あり、借入が終わるとそれっきり・・・銀行と定期的に情報交換などすることは


なくなってしまう傾向が非常に多いです。


担当者もわからない・・これはとてももったいないことです。


事業を理解しようとする銀行担当者をしっかりつかまえておくこと!


創業期を乗り越え持続的な成長をするためには、資金繰りがとても重要です。


状況に応じて「追加融資」を受けられる関係を築く。。



その相手となる銀行はどうやってみつけるのが有利?


同銀行から融資お付き合いのある経営者からの紹介


銀行の担当者とコミュニケーションが取れている税理士からの紹介


紹介はとても効果的です。これは一人で銀行に行ってみるとよくわかります。